2006年02月25日

スーパーサイズ・ミーと食生活


「スーパーサイズ・ミー」。
監督・プロデューサー・被験者:モーガン・スパーロック

アメリカで社会問題になっている肥満。そんな中、ある10代の女の子二人が「自分たちが肥満になったのはハンバーガーが原因」とマクドナルド社を相手取り訴訟を起こした。このニュースをきっかけにモーガン・スパーロック監督が自らを実験台として挑んだドキュメンタリー作品。

その実験とは、一ヶ月間、毎日3食全てマクドナルドの商品のみを食べて生活したら、人間はどうなるかを検証するもの。


いくら4人の医者が健康状態をチェックしてくれているとはいえ、よくやるなあって思った。途中でドクターストップもかかったのに。。
どうせならハンバーガーを食べながら観てやろうと思ったけど、やめてよかった。

面白いかどうかは人それぞれだと思うけど、現状の問題を人々に伝えようとしている監督の意志がすごい。俺は楽しんで観れました。

このモーガン・スパーロック監督、なかなかいい体つきをしていて、かっこよかったんだけど、実験が進むにつれてどんどんとヨボヨボのおじさんのようになっていった。
最近体脂肪とかを気にしている俺にとってはショッキングな光景だった。

そして情緒も不安定に。
食事を取らなくてもそうだけど、栄養が偏ったりしてもやっぱり情緒不安定になるんだなあと思った。

マクドナルドの戦略もすごい。子どもの遊び場や、子ども向けのセットとおもちゃなどを使って、子どもを取り込む。ファーストフードには依存性があるらしく、子どもの頃から食べ続ければ、ファーストフードが大好きになるようである。恐るべし!!

そして一番驚いたのは、アメリカの学校では栄養士がいるところでもファーストフードが出てくるというところだった。それだけファーストフードがアメリカ社会や文化に根付いているということだろうか。


それに比べると、日本の給食はホントにありがたい。
一人暮らしの俺にとって貴重な栄養源・・・
いやいや子どもたちにとってとても良いものだ。

子どもたちを見ていても、やはり普段から朝食を食べていない子は、ボーっとしていたり、やる気がないことが多い。まあ寝不足とか他の要因もたくさんあるが、栄養はとても大切なのだと感じる。
中学3年生を対象に行ったある調査によると、朝食をしっかり食べている子の方が、宿題をやる率、自分から勉強する率、集中して学習する率ともに、朝食をあまり食べない子を上回っている。
これには家庭の環境なども関係しているとも思うが、食事は子どもの体と心の成長に欠かせない大切な要素であると言える。
実際にモーガン・スパーロック監督も情緒不安定になってたし。

この映画の中でも、給食に健康食を使う試みをしたところ、子どもたちの生活態度が落ち着いたという学校も出てきた。
栄養満点の給食に感謝、感謝である。


幸い母が栄養士だったせいもあり、自分はあまりファーストフードやカップラーメンを食べずに生活してきた。
今の親は子どもに朝食を食べるようしつけないばかりか、夕飯はコンビニ弁当やファーストフードを与えると言う親も珍しくはない。

そんな親には見せてやりたい、コンビニ弁当が作られている工場を。
そしてこの映画を!!

親には子どもの食生活を管理する義務があると思うし、家庭でしっかりと食事をすることで、子どもとのコミュニケーションの場も増え、互いに愛情も増えるんじゃないかな。
忙しいのもわかるけど、もっとしっかり子どもを見てあげて欲しいなあ。


でもまあたまにはマクドナルドもいいかな。
posted by ぐーたらせんせー at 17:39| Comment(8) | TrackBack(5) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
過日はブログにコメントをありがとうございます★

何を隠そう1月までマクドナルドでバイトをしておりました(笑)

楽しく読ませていただきました♪

やはり栄養が偏ると駄目なんですねぇ(@_@)
でもたまに食べたくなることがあるんですよね(笑)

そして勉強をしっかり出来るように朝はちゃんと食べます((((●゜3゜●)ノ

と言うかパン1つでも朝は十分なのでしょうか(;・д・)
Posted by 後藤 大 at 2006年02月26日 16:14
こちらこそありがとうございます☆
朝は体が栄養不足なので、少しでも食べた方がいいらしいですよ!頭に糖を!!
若いと大丈夫かもですが、朝食前のランニングもホントはだめだと聞きました。
朝は食べない方がいいと言う方もいますが、一般には太りやすくなったりするんじゃないでしょうか〜

マクドナルドでバイトですか〜!マクドナルドって大変と友人に聞いたことがあります。社割とかでたくさん食べられたりするんですかね☆
Posted by ぐーたらせんせー at 2006年02月26日 20:07
きょうは、ここへマクドナルドのセットへ管理したいなぁ。
そしてマクドナルドと人間へ感謝したの?
Posted by BlogPetのキュリオ at 2006年02月27日 08:59
トラバありがとうございます。
和食ふぁいとです☆

マックで働く喜びを見つけた女子高生バイトの記事を読んだことがあります。
そして、彼女はそれを手助けしていたことを
思い罪を感じるならばこういう社会が嫌だなぁと思います。
Posted by めるりる妖精 at 2006年02月28日 10:51
そうです☆和食が一番♪
なるほど〜!結局誰が悪いんでしょう?
企業努力も必要ですが、やっぱり僕ら一人一人が気をつけていかないといけないんですよね〜

少しは健康に気を使った商品にしてくれなければ買わないぞ!と言う雰囲気が少しでもあれば企業もちょっとずつ変わるんでしょうね。
Posted by ぐーたらせんせー at 2006年02月28日 19:45
 
 こんにちわ、ぐーたらせんせー、「宮沢賢治の風」の方城渉です。

 食は子育ての根幹ですから
そこを国はしっかり助けてやる政策が必要なんです。

 パートしなくちゃならない家庭には、そのパート代分を支給して、
子育てに専念できるようにしてあげるとか。

 社会問題の多くは、心と経済の両面からのアプローチが必要ですよね。

 

Posted by 方城渉 at 2006年03月03日 00:07
方城渉さん、こんにちわ!

そうですね、色々と問題は山積みですが、一筋縄では解決できないことばかりで難しいです!!

ホント子育て、家庭でしっかりやってくれよ〜なんて思うときもありますが、みんなそれぞれの生活が大変なんですよね〜
教師ってどこまでやるべきなのか、やっていいのか迷ってしまいます。

またきて下さい〜
Posted by ぐーたらせんせー at 2006年03月03日 23:41
今スーパーサイズミーについてレポートを書いています。皆さんのコメントをいい参考にさせてもらいました!!わたしも一人暮らしなので食にはきょうつけていきたいと思います。
Posted by ブチ at 2006年08月02日 19:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

「スーパーサイズ・ミー」を観るとマクドが食べたくなくなる
Excerpt: スーパーサイズ・ミー 久々のドキュメンタリー映画です。 一ヶ月「マクドナルド」ば
Weblog: 自己満足自由帳
Tracked: 2006-02-28 00:20

雨にも負けず 丈夫な身体
Excerpt:  月齢 1.1日 ■宮沢賢治で 病気もストレスも吹き飛ばせ  今日は宮沢賢治の「雨にもまけず」から。  丈夫な身体を持つことは宮沢賢治の念願だった。 それさえあれば、  「..
Weblog: 宮沢賢治の風
Tracked: 2006-03-01 18:07

「スーパーサイズ・ミー」
Excerpt: こりゃまたアメリカの肥満社会に真っ向から挑んだドキュメント。 敵は巨大企業「マクドナルド」。 2004年製作のドキュメンタリー、98分もの。 あらすじ 肥満の原因はファーストフードだとして二人の少女..
Weblog: ひらりん的映画ブログ
Tracked: 2006-03-11 03:46

<日本マクドナルド>32種類を値上げ 5月13日から
Excerpt: 日本マクドナルドは28日、セットやハンバーガー単品などメニュー55種類のうち32種類を5月13日から値上げすると発表した。同社は昨年4月にセットメニューを545~577円から500円に切り替えるなど..
Weblog: サルがニュース読んだ!
Tracked: 2006-04-29 01:42

バカ企業!マクドナルド
Excerpt: マクドナルドの価格体系の迷走ぶりは何度も取り上げているが、バカ企業の見本だ。 業界でシェアを取るのに一番手っ取り早いのは値下げ競争だ。これは誰でもできることで、最後は体力勝負だ。こんなのは商売..
Weblog: かきなぐりプレス
Tracked: 2006-04-29 09:51
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。