2006年03月02日

イナバウアーと勉強


トリノ五輪フィギュアスケートで荒川静香選手が、金メダルに輝いた。日本選手のフィギュアスケートでの金は初の快挙!!

子どもたちはやはり流行には敏感で、もう休み時間にはスケートごっこをしている。そして今や荒川選手の代名詞ともなったイナバウアーの真似も頑張っている。俺も一緒にやってみたが、張り切りすぎて腰を危うくギックリ腰になるところだった

実際はイナバウアーの定義は足の形にあり、あの華麗な上体反らしは関係ないらしい。
上体を反らすイナバウアーはレイバック・イナバウアーと言うようだ。
レイバック・イナバウアーはそれほど難しい技じゃないらしいけど、あれほど上体を綺麗に反らすのは他の人にはできないと、TVニュースに出てたインストラクターの人が言っていた。その人もできていなかった。


そしてこのイナバウアーという技、ステップにもスパイラルにも含まれないので2005年世界選手権以降の新採点方式では技術点に加味されず、得点に直接はつながらない技である。
得意とするイナバウアーも、得点にはつながらない無駄な技ということで荒川選手自身トリノの選手選考会や世界選手権では削っていたようだ。
今回のオリンピック本番の演技でも、イナバウアーを取り入れるかどうかは迷っていたようだが、自分らしさを表現できる手段としてあえて復活!!

俺も荒川選手の演技見ていたけど、すごく綺麗だった!詳しいことはわからないけど、華麗だったしなんかゾクゾクした。
そしてこの得点には直接関係ないイナバウアーで、観客の心ガッチリとつかんでいた。それ以降ホント拍手は鳴りやまない感じだったし、本人も得意技が決まってのっていけたのではないかと思う。そういうことって他のスポーツにもよくあるし。


凱旋後、ニュースで荒川選手は「・・・フィギアは採点競技であると共に、伝える競技なので・・・」(うる覚えですが。)と語っているのを見てかっこいいと思い、またまた無理やりにでも教育につなげて記事にしてみることにした。


まずは教える立場から。
得意なイナバウアー以降のっていった荒川選手。何かに似ていると思う。そう、それは授業。
授業中どうもさえない自分。そんな時、授業内容とは関係ないちょっとした無駄話から子どもの心をつかむことがある。例えば自分が好きなマンガの話と関連づけたりする。子どもたちは授業内容を忘れて興味津々。そしてそのまま授業が脱線してしますと思いきや、それ以降の自分の話や活動にもキレが出てくる!子どもたちものってくる。
そんなことがよくある。これぞまさしくイナバウアー効果。

無理やりでしょうか・・・たらーっ(汗)

でも人まねではない、自分らしい授業をするためのしぐさや、話題、話し方などは教師には大切かなと思う。


もう一つは勉強する立場から。
「ここはテストに出ないから関係ない。」「こんな勉強、やって何のためになるんだ。」
こんな言葉を聞くことがある。

中学校や高校では受験やテストがある。小学校でも私立中学の受験があったりするし、地域によってすごく教育熱心で、勉強に対して厳しい家庭が多いところもある。
このように考えるのは仕方のないことなのかも知れない。

そして子どもに限らず、大人でもこのような思いを持つことがある。もしかしたら大人の方が強く思っているのかも知れない。

受験勉強が悪いとか、点数だけを考えた勉強はいけないとか、そういうところまで話を広げるつもりはないが、今の世の中、直接結果を求めていく傾向が強いのではないかとも思う。そして自分にもその傾向はある。



だから今回荒川選手が直接得点に結びつかないイナバウアーを取り入れて、自分らしさを表現して勝ったその姿に感動し、「・・・フィギアは採点競技であると共に、伝える競技なので・・・」という言葉にかっこよさを覚えたのだ。


テストや試験で勝とうと思っている人にとって、テストや試験とは関係ない知識を得ることが、果たして荒川選手のような勝ちにつながるかはわからない。
しかし直接点数につながらない知識は勉強の幅を広げたり、勉強を好きになったりするのに役立つ。そして何より人生を豊かにする。



あ〜ぜんぜんまとまりません、何が言いたいのかわからないですね。。
思いついたら追加します。
まあ兎に角荒川選手がかっこいいということですexclamation×2
posted by ぐーたらせんせー at 23:00| Comment(7) | TrackBack(5) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TBありがとうございましたm(_ _)m
子供たちのイナバウアーごっこ楽しそうですね。
荒川さんは確かに「伝える競技である」とおっしゃってましたね。
得点に入らなくても魅せる心を持っていた荒川さん、
それがずばり決まって観客を味方につけてました。
他にも例えば今やってるワールドベースボールクラシック。
攻守交替でイチローは守備位置につくのに全力で走ります。
本番のプレー以外でも手を抜かない、超一流の選手だと思います。
せんせーのおっしゃる直接点数につながらないところも大事にしたいものですね。
Posted by だのん at 2006年03月03日 22:19
なるほど〜イチローもかっこいいですね!!
そーいえば俺も部活をやっていた頃は誰にも声だけは誰にも負けずに張り上げていました。
ようは心の持ちようなんですね〜自分の信念と言うか、何と言うか。

子育て大変かもしれませんが、楽しみながらがんばって下さいね☆
また遊びに行きます!
ありがとうございました〜
Posted by ぐーたらせんせー at 2006年03月03日 23:36
コメントありがとうございました〜!
「直接得点に結びつかないイナバウアーを取り入れて、自分らしさを表現」というのは彼女らしさかもしれません。‘順位よりも自分の演技’というのはずっと以前から彼女が貫いてきたスタイルで、それに結果がついてこればいいという考えでした。そしてまさに今回結果がついてきたわけですよね!
直接の結果だけを求めるのではない「かっこよさ」はステキですね♪
Posted by たまこ at 2006年03月06日 05:19
トラックバックありがとうございます。

いまや新聞もテレビもイナバウアーだらけですね。カメを立たせて無理やりイナバウアーもどきをさせているのには、正直 驚きました。かわいそうだなぁ…。

本当のイナバウアーは足の形が大事なのですね、知りませんでした。レイバック・イナバウアー、覚えておきます。

子供たちはまだまだからだが柔らかいですから、イナバウアーごっこも楽にできるかもしれませんが、せんせー、レイバックで腰を痛めたりなさらないでくださいね。
Posted by 上天気 at 2006年03月07日 08:44
ぐーたらたちが、トリノで好きとか広げるつもりはないが
すごく中学校とかをフィギアすればよかった?


Posted by BlogPetのキュリオ at 2006年03月07日 09:13
>たまこさん

なるほど〜!結果は後からついてくるって感じですね☆かっこいいです。今まであんまり荒川選手のことを知らなかったミーハーですが、これから注目していきます!!

>上天気さん

亀ですか〜!!色々考えますね☆面白そうですが、やっぱかわいそうですね・・・
まだまだ若いですから子どもたちについていきたいんですが、無理はしないようにします!腰弱いんで。

またきて下さい〜
Posted by ぐーたらせんせー at 2006年03月07日 21:33

腰が痛いのは辛いものです。
私も14年間悩まされました。

私が考案した腰痛解消法をお試しください。

【3分腰痛解消法】で、検索すると見つかります。

腰をお大事に。
Posted by 腰痛アドバイザー at 2008年02月24日 13:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/14057684

この記事へのトラックバック

荒川静香選手の帰国記者会見に思う
Excerpt: 荒川静香選手をはじめ、トリノオリンピックの選手団が帰国しました。 荒川さん、金メダリストらしく、堂々とした凱旋帰国でしたね。 お疲れの中、その足での記者会見、ごくろうさまですm(_ _)m 昨年の日..
Weblog: あるばむ だのん
Tracked: 2006-03-03 22:24

荒川選手、村主選手、安藤選手に拍手!
Excerpt: 女子フィギュアスケートの3選手の頑張り、感動しました!
Weblog: Windy's MamaLog
Tracked: 2006-03-04 22:57

君は、本当のイナバウワーを知ってるか?
Excerpt: はかせです。 ここで質問。 イナバウワーっていうのがどういう技か、知ってる人? 実は、状態をそらすのは、「レイバック・イナバウワー」って 技なんだって。 さらに質問。 開発した人を..
Weblog: イオシスブログ!
Tracked: 2006-03-06 01:09

号外−荒川静香選手 優勝おめでとう!!
Excerpt: 裂荒川静香選手 優勝おめでとう囹 カール・ビッテ(3)の投稿予定でしたが、 予定を変更して...秊号外です。 今日は荒川選手の..
Weblog: 早期教育について考えた時にオススメの本&etc
Tracked: 2006-03-08 21:09

荒川静香プロ転向、アイスショー専念 7日会見
Excerpt: トリノ五輪フィギュアスケート女子で金メダルを獲得した荒川静香(24)=プリンスホテル=が、かねてからの希望通りアイスショーを中心に活動していくことが6日、分かった。日本スケート連盟関係者が明らかに..
Weblog: サルがニュース読んだ!
Tracked: 2006-05-07 11:51
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。