2006年04月09日

ワンピースと学級

CIMG0534.JPG
ワンピース41巻が出たので読んだ。ワンピースも小学生に人気であり、男の子にはルフィやゾロ、女の子にはチョッパーと言うキャラクターが好評だ。俺は特にサンジが好きだなあ。

主人公のルフィをはじめ、上に挙げたキャラクターはみんな海賊である。ルフィの海賊団“麦わらの一味は上のキャラクターの他にウソップ、ナミ、ロビンがいる。
ルフィたちは“海賊王”になることを目指して、政府や他の海賊たちと戦いながら冒険していく。
個性溢れるキャラクターたちそれぞれにストーリーがあり、素敵な言葉がたくさん出てくる。主人公側が海賊で、相手が政府なのに、主人公側が悪いなんて全く感じない。
最近話題の「国家の品格」で言われている、倫理より情緒を感じさせてくれること間違いなしです雷


今回はそんなワンピースの41巻に出てくる言葉から考えたことを書きます。
一応ワンピースと学級ってタイトルですが、まとまりはないです。

まずは政府側の人間、クザン(青キジ)の言葉。正義の名のもとに、オハラという島を壊滅させた世界政府を目のあたりにして、

「・・・徹底した正義は・・・時に人を狂気に変える」

と言い、ロビンを助けた。

狂気とまではいかなくても、学校でもよくこういうことあるなあ。
まるで鬼の首を取ったかのように、悪いことをした子を言いつけにくる子。
ものすごい形相で怒鳴るように友達を注意する子。

変にきちっとしている学級ほど、こういう子が多い気がする。
その子たちはすごくいい事をしているつもりなんだろうけどなあ。

そんな子たちを見ると俺は
「もっと優しく注意してあげな〜きつく叱るのは先生の仕事だよ。」
などと言ってしまう。

この対応がいいのか悪いのかはわからないが、こういう状況をそのままにしておくと学級がギスギスした雰囲気になるし、みんなが友達の悪いところ探しをするようになると思うから。

正しいとされる事しか許せない人になって欲しくないかなあ、小学生に教えるのは難しいけど。
どうすればいいはわからないけど、人の悪いところじゃなく、いいところをたくさん見つけられる子の多い学級、そして情緒が育つ学級にしたい。


もう一つはオハラに漂流した巨人、サウロが、色々な事情をかかえて苦しそうなロビンに対して言った言葉。

「・・・楽しかったら笑うでよ 
 という事は笑ってたら楽しくなってくるわけだで」

確かにそうだよなあ、素敵な言葉だと思った。
笑ってると気分が晴れてきて、嫌なことも忘れたり、前向きに行動できるようになったりする。健康にもいいし、癌も小さくなることあるんだって。

今は家庭に色々な事情をかかえている子が多い。そんな子たちに対して教師はどこまで踏み込んでいけるのかはわからないし、直接手助けができるのかもわからない。
だからせめて学校には子どもたちが心を落ち着ける居場所を作ってあげたいと思う。
いつも笑いの絶えないような雰囲気の学級にしていければ、少しでもそんな子たちの支えになるのかなと思った。


41巻で一番好きな言葉は、捕まったロビンが助けて欲しくない、死にたいと言って、ルフィたちの助けを何回も拒んでいた時、ルフィがロビンに対して言った言葉。

「死ぬとか何とか・・・何言っても構わねエからよ!!!
 そういう事はお前・・・
 おれ達のそばで言え!!!!」

です。ホント愛情溢れる言葉です。

これはなかなか伝えられませんが、まあ読んでみてください。


その他、ケンカして一味を抜けたはずのウソップ(そげキング)が、いつの間にか一味の仲間たちとロビンを助けに行って、仲直りしそうな感じなのを見て、
ああ、行事で結束が深まるという運動会効果だ!!なんて思ったりもしました。
職業病ですね・・・ダッシュ(走り出すさま)


最後にもう一つワンピースの凄いところ!
それは壮絶なる戦いが繰り広げられるのに、人が死なないこと。
人が死ぬのは、過去の回想シーンではあるけど、現在の人は(たぶん)死なないんです!
それでもハラハラドキドキさせてくれるワンピースが凄いですexclamation
posted by ぐーたらせんせー at 01:29| Comment(7) | TrackBack(2) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは!以前にも1度だけコメントさせてもらいました水嶋夕菜です〜。

ワンピースは、私が初めて読んだ少年漫画でした^^
友人に借りていたので、17巻までしか読んでないんですけどね…私もサンジ好きですよ!

ルフィの言葉良いですね…!
「死ぬとか言うなよ」は聞き飽きた台詞ですが、新鮮味と尚且つ愛情があって。

"変にきちっとした"といえば、少し前まで『女王の教室』が流行ってましたね。生徒も大変だけど、先生もどうしたらいいのか苦労してるんですよね…!
本日私は高校の入学式を迎えましたが、中学よりもっと色々な人の立場を考えながら生活しようと思います〜。

それでは…!(・ー・)ノ
Posted by 水嶋夕菜 at 2006年04月10日 23:09
素敵とかを冒険する。


Posted by BlogPetのキュリオ at 2006年04月11日 17:18
こんにちは夕菜さん、コメントありがとうございます!!
ワンピース、17巻以降もなかなかいいですよ〜☆読んでみてください。

女王の教室は職場や同業者の人々になかなか反響がありました!
あの先生の気持ちはわかるっていう人も多いですが、なかなか難しいですね!あのやり方がいつもうまくいく時代ではないと思いますし!

それにしても入学おめでとうございます☆
俺は高校のときは全然だめ人間でしたが、楽しかったです♪色々な経験をしていい思い出をたくさん作ってください〜

またきて下さい☆
Posted by ぐーたらせんせー at 2006年04月12日 18:53
りんご先生から来ました。
いい話ですね。

僕もワンピースは大好きです。

ただ…あのマンガは字が多いんですよね。

これからもよろしくお願いします。
Posted by みかみ at 2006年04月13日 21:50
みかみさん、訪問ありがとうございます!

確かに字が多い方ですね〜俺は読むのが遅いのでとても時間がかかります・・・

こちらこそよろしくお願いします〜
またきて下さい、俺もお邪魔しますね!!
Posted by ぐーたらせんせー at 2006年04月14日 17:58
TB有難うございましたvvv
こちらは映画の感想でしたが、そのうち
ワンピ新刊の感想もアップしたいと思います。

「良いこと」と「正義」の定義は難しいもの
だなあ、と改めて思った漫画でした。
少年誌だし、お笑いに被せてあるけど、
こういう深い部分をきっちりと描く尾田先生の
作品が大好きだなあ、と改めて思いました。

ちょっと長くなってしまいましたが。
それではまた。
Posted by リリコ at 2006年04月17日 17:13
こちらこそ、ありがとうございます!

少年漫画で何か大切なことを、楽しく伝えるって凄いですよね!!
ホント漫画家って凄いです☆

またきて下さい〜
Posted by ぐーたらせんせー at 2006年04月18日 00:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16326547

この記事へのトラックバック

『ONE PIECE 巻41』 尾田 栄一郎
Excerpt: ONE PIECE 巻41 尾田 栄一郎 by G-Tools うめーうめーデレシシシシ!! 『ONE PIECE』41巻です。
Weblog: とにかく漫画。
Tracked: 2006-04-14 01:41

映画「カラクリ城のメカ巨兵」
Excerpt: 感想アップ、めちゃめちゃ遅くなってしまいましたが、4月1日、友人と観に行ってきましたー。「ワンピース カラクリ城のメカ巨兵」(宇田鋼之介監督) 感想としては、今回の映画は「面白かった」の一言に尽きます..
Weblog: リリコ雑記
Tracked: 2006-04-17 17:05
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。