2006年05月14日

ブリーチと教師

4088732138.09.LZZZZZZZ
こちらも大人気、ジャンプで連載中のBLEACH(ブリーチ)。
もともと霊感の強かった高校生、黒崎一護(くろさきいちご)は虚(ホロウ)と言う悪霊を倒すために現れた死神・朽木ルキア(くちきるきあ)と出会う。
怪我を負った一護を助けるため、ルキアは死神の力を分け与え、死神の力を手にした一護は虚を倒す。
そんなところから物語が始まっていくマンガ。

死神は通常、虚を倒すために働いているらしいが、その虚を倒すための剣を斬魄刀(ざんばくとう)と言う。

この斬魄刀がブリーチの醍醐味の一つだと思う。
斬魄刀は死神によって、名前も形も性能も違う。自分の個性に合わせてあるようで、その刀の特性を生かして戦っていく。
刀を出すときにはその刀の名前を、必殺技を出すときにはその技の名前を唱えるようになっていて、これがかっこよくて子どもたちにはたまらないようだ。
よくマネをしている。
俺にもたまらない猫


ブリーチの世界で、死神が自分と自分の斬魄刀の個性を生かし戦っていくように、教師も自分の個性を生かして戦っていかなければならない。
死神が他の死神の刀や技が仕えないように、その実践や技術が自分にはあっていないこともある。
いくら優れた実践や技術を学んでも、それを使いこなせなければ意味がない。

子どもたち一人一人に個性があるように、教師一人一人にも個性がある。だから誰がやってもうまくいくというような教育技術なんて存在しないと思う。同じ言葉を発したとしても、A先生が言うのと、B先生が言うのでは、意味合いも重みも違ってくることも多い。

優れた実践や技術を学ぶことは大切だが、そこから自分流にアレンジして自分のものにしていくことが必要になってくる。そしてそれを自分のものにするには、日ごろから自分と言うものにしっかりと向き合っていなければできないと思う。
自分はどんな人間で、どんな教師かということがなんとなくでもわかっていれば、自分らしさを生かした実践を行っていけるのではないかと思う。


ブリーチを読んでいて、ふと思ったことは、このブログで色々な記事を書いているが、それはみんなへの意見の発信と言うよりも、自分への戒めや、語りかけという面が強いのかも知れないということだ。自分はこうしていこうという、決意の表れであり、それを読んだ人が少しでも自分と向き合う時間を持ってくれたらいいなあ、というようなものかもしれない目


そして職場には色々な人がいる。自分から見たらそういうやり方はよくないと思うこともあるかもしれないが、それがその人の個性を生かしたやり方なのかもしれないし、その人はその人なりに真剣に子どものことを思っている。
自分も周りからそんな風に思われているかも知れない。

教員は若いうちから自分の学級をある程度自分の裁量に任せられるので、個性や我が強くなりやすい職業だとは思う。
だから、一人一人の考え方が違っていても仕方がないし、それを全く同じにする必要もないと思う。同じにしたってうまくいきっこない。
ただ、あの人のあんなやり方は良くない!などとお互いが突き放してしまうのではなく、お互いの個性を尊重して、それぞれが長所を生かして短所を補えるようなチームワークが必要なのではないかと感じる。
これができないようでは、子どもたちの個性を尊重することもできないのではないだろうか。

まあどの世界でも言えることですね〜


ブリーチ斬魄刀占い
http://u-maker.com/205282.html
posted by ぐーたらせんせー at 13:26| Comment(9) | TrackBack(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
きょう、ぐーたらと朽木でぐーたらと怪我された!
Posted by BlogPetのキュリオ at 2006年05月16日 15:40
はじめまして。腐女子ブログへの書き込み有り難うございました。あんなんでごめんなさい!(←涙)こっちきてあまりに本格的なので涙が出ました!ブリーチそうですねえ…ある意味「仮面の軍団」が今の一護の先生みたいかなと思います。37pの真子の台詞がそれを象徴しているような…。自分を知らなきゃ違う道へ入ってしまっていても,気が付かない。人生取り返しのつかない物って意外に多いですよね…
Posted by むん子 at 2006年05月16日 21:13
そうそう「大きく振りかぶって」も面白いですよ?あれに出てくるモモ監とシガポ(先生)は,大好きです!いろいろ部活のヒントとかになるかも。
Posted by むん子 at 2006年05月16日 21:18
こちらこそ、ありがとうございます!

そーですね!俺はコミックしか読んでないので、これからどんな展開になっていくか楽しみです!
けっこう行き当たりばったりでストーリーが進んでいる気もしますけどね☆
父ちゃんいきなり死神だし♪

「大きく振りかぶって」って野球マンガなんですね!知らなかったので、読んでみますね!

Posted by ぐーたらせんせー at 2006年05月18日 07:45
特に小学生の頃は、自分と意見が違うと口喧嘩になった覚えがあります^^;
むしろ、意見が一致することの方が少ないんでしょうね。今は”主張する意見の違い”よりも、”受け止め方の違い”の方が不思議に思えてきました。

ブリーチはいつも友人に借りて読んでますv(←買えよ
Posted by 水嶋夕菜 at 2006年05月20日 21:42
「受け止め方の(特に職場で)結局はコミュニケーション能力の違いという結論に行き着くのではないでしょうか?「不思議に思える」人は大丈夫だと思んです。個人的には…
Posted by むん子 at 2006年05月21日 10:32
変な所で切れちゃった…「受け止め方の違い」でショックを受けることは多いですよね?(特に職場)…です。
Posted by 未散 at 2006年05月21日 10:34
>水嶋夕菜さん

小学生のうちは、たくさんそういう口喧嘩などの経験をして、それを解決する方法を学んだ方がいいのかもしれませんね〜
変に喧嘩を避けてしまうと、成長の機会を逃してしまうこともあるのかなあ、なんて思いました!

ブリーチ、俺もたまにしか買ってないです・・・(>_<)


>むん子さん

受け止め方の違いも難しいですよね!
コミュニケーション能力ってのはうなずけます!
あとはその人の性格や人生経験によりますよね〜
同じ言葉でも一人一人のニュアンス(っていうのかな)を持ってますし。

または、その日の気分とか、会話している人同士の関係とかにも影響するような気がします。

難しく考えすぎて頭痛がしてきました。
まあそれなりに仲良くやってけば、何とかなりますね☆
Posted by ぐーたらせんせー at 2006年05月21日 22:34
キュリオが、朽木で大人気とかをルキアしなかった。


Posted by BlogPetのキュリオ at 2006年05月23日 15:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17794684

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。